中野信子氏に学ぶ「差別をする人の脳とは?」

f:id:doutorer:20170716195152j:plain

 

この記事は『堀尾正明+PLUS』(TBSラジオ)内の「中野信子の、人生を変える脳の使い方」というコーナーの脳科学中野信子氏の意見等を要約した記事です。

 

<差別をする人の脳とは?>

 

差別をする人の脳はどうなっているかを、一言でいうと「仲間想いの人」ということができます。

 

 

有名な実験によると、人間は元々同じ考えを持ってる人や同じ属性の人と一ヶ月一緒に過ごすと、そのたった一ヶ月で共同体意識が芽生えて、その帰属する集団と、それ以外の人と区別するようになるという結果ができました。

 

つまり人間は、自分の属してる集団のことを過剰に高く評価して、自分の属していない集団の人たちのことを過剰に低く見積もるという傾向が出てきます。

 

これはオキシトシンという物質が関与しています。オキシトシンは愛情ホルモンという名前で呼ばれることで有名ですね。オキシトシンが増えると絆を深めるなどともてはやされたのですが、実はこれは仲間内だけでのみ作用します。

 

オキシトシンが増えると、仲間に対する気持ちは確かに高くなるけども、よそ者とかルールから逸脱した人に対する攻撃的な気持ち、つまり差別意識が高まってしまうのです。

 

<どういう時にオキシトシンは出るか?>

 

オキシトシンがどういう時に出るかというと、特に女性で出産時に出るんですね。オキシトシンは陣痛促進剤として使われることもあります。

 

出産を経験をした人の脳は実は、出産を経験してない方に比べると、ちょっと変化してしてオキシトシンが出やすい脳になっています。それによって、出産を機に子どもを守りたいという気持ちが高まって、中には愛国に目覚める女性も出てきます。

 

ちなみに男性の場合は小さい子供と一緒にいたりとか、犬を飼ってると出るようになったりするそうです。

 

ハンターに1番怖い動物が何かときいたところ、出産後のメスが1番怖いといいます。これは、なりふり構わず自分の身内を守ろうとして、よそ者を攻撃するという行動がプロモートされているんですね。

 

なので人間も同じで自分の子どもや仲間を守ろうと思うあまりに、他者を差別したりとか、よそ者に対して過剰に不安がったり恐怖を覚えたりすることもあるので、それが集団間の対立を煽ってしまったり、差別意識を強めてしまったりということにつながると言えるでしょう。

 

 

ちなみにオキシトシンが出にくい人はどういう人かというと、これはいわゆるサイコパスと言われる人。義理人情を捨て去って、経済的合理性のみに沿って生きる人達。

 

相手は損しようが自分は得しましょうって人になってしまうので、こういう人たちだけの世の中でも中々殺伐としてしまうでしょう。

 

差別をする人っていうのはなくなることはないけど、どうしてもしてしまうものなんだと意識して、それをなるべくしないようにコントロールしながら、でも仲間を大事にしながら微妙なバランスの上で人間社会を続けていくというのが課題なのかもしれません。

 

仲間に愛情を感じている人は仲間以外の人を差別していないかもう一度考えてみましょう。