終身雇用制度とは何か?わかりやすく説明!

f:id:doutorer:20171101165842j:plain

 

「終身雇用制度」について知ることは、現在の働き方、将来の働き方を考える上で大きなヒントになると思います。

 

終身雇用制度が生まれたのは高度経済成長期の時であり、近年の日本の状況とは、システムとしてはそぐわない部分が出てきています。このギャップについて考察することで「働くとは何か?」ということについて改めて考えさせられます。

 

 

 

終身雇用制度とは?

 

終身雇用制度とは、企業が社員を定年まで雇用し続けることを前提とした日本独特の制度です。基本的には、勤める年数に応じて給料が上がっていきます。

 

一度、就職すれば一生その企業が面倒を見てくれる仕組みなので、安心感があります。手厚い厚生年金で老後も安泰です。

この制度は一体、どのように成立したのでしょうか。

 

どうしてこの制度が生まれたのか?

 

終身雇用制度が誕生したのは、1960年代の高度経済成長期だと言われています。

当時の日本はとても景気がよく、物がたくさん売れる時代でした。企業側は物がたくさん売れるから事業を大きくしたいと考えます。事業を大きくするためには多くの人材を確保する必要があります。

人材を確保するためによりよい条件を出す企業がどんどん増えてきました。そんな中、企業が打ち出した制度が終身雇用制度です。

 

これは、一度企業に入ればその企業が定年まで面倒を見てくれる制度。入社すれば食うに困らない生活が保証されるので、その安心感たるや。

 

終身雇用は崩壊してる?

 

現在、終身雇用制度はほとんど崩壊しているという風に言われています。それは一体なぜなのでしょう?

 

終身雇用制度とは、企業がずっと成長する前提に成り立っている制度です。従業員の給料は年齢に応じて上がっていく訳ですから、成長しないと給料が払えなくなってしまいます。高度経済成長の時は、景気がよかったので問題はありませんでしたが、近年は不況になってきたため、制度の維持が難しくなってきています。

 

現に「うちの会社は60歳まで働けます」と終身雇用を掲げていた会社も、給料を払うのが厳しくなり、早期退職などを募集するケースは増えているのです。しかも、マクドナルドやソニー東芝という「ここに入れば一生安泰!」と思われていた大企業ですら、早期退職や希望退職の募集が出されるという状況になりました。

 

終身雇用制度について考えること

 

終身雇用制度は、就職してしまえば生涯食うに困らないことが保証される訳ですから、大変魅力的な制度です。

 

僕は現在、29歳ですが僕達の親の世代が就職を強く促すのは「働きさえすれば生涯の収入が保証されて幸せに生きることができる」という終身雇用的な価値観が根付いているからだと言えるでしょう。

 

しかし、終身雇用制度はほぼ崩壊しており、誰でも知ってるような大企業ですらそういう状況なので、就職すれば安定という価値観は変革せねばいけないところに来ているのかもしれません。

 

生涯安定などはない、という前提で「働くとは何か?」という問いをしていかないといけないと感じる今日この頃でした。